Fabeee DX Score

  • 必須情報入力
  • DX診断
  • 診断結果

診断を開始する前に下記の情報を入力してください。

社名 必須
業種 必須
事業部 必須
担当者名 必須
メールアドレス 必須
電話番号 任意
個人情報の取扱いについてご同意の上、「診断スタート」ボタンをクリックしてください。
診断スタート
質問.1
133
DXに取り組んでいくというビジョンは共有されている。
質問.2
233
ビジョンは「[データとデジタル技術を使って] 変化に迅速に対応しつつ、顧客視点でどのような価値を創出するのか」という内容になっている。
ひとつ前にもどる
質問.3
333
新規参入企業の出現に対する危機意識など、DX実現の必要性について社内理解は進んでいますか?
ひとつ前にもどる
質問.4
433
経営陣のリーダーシップの下、DXの実現に向けてビジネスモデル、業務プロセスの変革を具体的かつ明確に実践されている。
ひとつ前にもどる
質問.5
533
経営陣のリーダーシップの下、DXの実現に向けて組織整備、人材・予算の配分を具体的かつ明確に実践されている。
ひとつ前にもどる
質問.6
633
挑戦を促す文化が出来ている。
ひとつ前にもどる
質問.7
733
失敗を許容する文化が出来ている。
ひとつ前にもどる
質問.8
833
挑戦を促す評価制度になっている。
ひとつ前にもどる
質問.9
933
失敗を許容する評価制度になっている。
ひとつ前にもどる
質問.10
1033
DXを推進する部署がある。
ひとつ前にもどる
質問.11
1133
DXを推進する部署の役割は明確になっていますか?
ひとつ前にもどる
質問.12
1233
DXを推進する部署に権限は与えられていますか?
ひとつ前にもどる
質問.13
1333
各事業部門がDX実現に向けて相互に協力しながら推進する体制となっていますか?
ひとつ前にもどる
質問.14
1433
DXの実行を担うビジネスサイドの人材(新規事業立ち上げ・既存業務の効率化)の人材育成 or 確保が行われている。
ひとつ前にもどる
質問.15
1533
DXの実行を担うテクノロジーサイドの人材(データサイエンティスト・データアナリスト等)の人材育成 or 確保が行われている。
ひとつ前にもどる
質問.16
1633
テクノロジーサイドとビジネスサイドの人材が、融合してDXに取り組む仕組みが整っている。
ひとつ前にもどる
質問.17
1733
自社の人材のみで足りないスキルに関しては外部との連携で補うなど、内製化に固執せずフレキシブルな取り組みが出来ている。
ひとつ前にもどる
質問.18
1833
DXを通じた顧客視点での価値創出に向け、ビジネスモデルや業務プロセス、企業文化の変革を経営者自らがリーダーシップを発揮して取り組んでいる。
ひとつ前にもどる
質問.19
1933
ビジネスモデルや業務プロセス、働き方等をどのように変革していくか、戦略・プランは明確に示されている。
ひとつ前にもどる
質問.20
2033
ビジネスモデルや業務プロセスの改革内容が、各事業部門にではなく、会社全体にとっての最適解として考えられている。
ひとつ前にもどる
質問.21
2133
改革の途中で一定期間成果が出なかったり、既存業務とのバッティングが発生したとしても、経営トップが持続的に改革をリードし続けていく体制・仕組みになっている。
ひとつ前にもどる
質問.22
2233
ビジョン実現のため、既存のITシステムにどのような見直しが必要であるか認識されている。
ひとつ前にもどる
質問.23
2333
既存のITシステムに必要な見直しについて対応策は講じられている。
ひとつ前にもどる
質問.24
2433
データを使いたいとき、即座に、使いたい形で出てくるITシステムになっている。
ひとつ前にもどる
質問.25
2533
環境変化に迅速に対応し、求められるプロジェクト進行スピードに対応できるITシステムとなっている。
ひとつ前にもどる
質問.26
2633
部門を超えてデータを活用し、全社一丸となって顧客視点での価値創造ができるITシステムとなっている。
ひとつ前にもどる
質問.27
2733
現状のIT資産全体像を把握し、分析・評価できている。
ひとつ前にもどる
質問.28
2833
価値創出への貢献が少ないIT資産、利用されていないIT資産は廃棄できている。
ひとつ前にもどる
質問.29
2933
御社にとって、変化に迅速に対応すべき領域は精査・特定されている。
ひとつ前にもどる
質問.30
3033
対応すべき領域のデータが取得できるシステムは構築できている。
ひとつ前にもどる
質問.31
3133
御社の競争領域ではない分野の業務については、パッケージ製品やクラウドサービスを業務にあわせてカスタマイズしたりせず使っていますか?トップダウンで機能圧縮できている。
ひとつ前にもどる
質問.32
3233
ITシステムの刷新に向けたロードマップは策定できている。
ひとつ前にもどる
質問.33
3333
DXを実現するにあたり、古いISシステムを刷新しつつも、あたらしい価値の創出につながる領域にIT投資を重点配分できている。
ひとつ前にもどる
DX診断完了

診断いただきありがとうございます。
下記の診断結果をクリックしてください。