Salesforce Marketing Cloudとは?機能やAccount Engagementとの違いを解説

2024.02.06

2024.02.06

DXのあるべき姿を考える

Salesforce Marketing Cloudとは?機能やAccount Engagementとの違いを解説
Salesforceはさまざまなサービスを手掛けている強力なソリューション企業ですが、中でも人気の高いサービスの一つに、Marketing Cloudが挙げられます。マーケティング業務の効率化や品質向上において高い成果をもたらしてくれるこのソリューションは、どのような機能を備えているのでしょうか。
 
この記事では、Salesforce Marketing Cloudの概要や機能、そして導入のメリットなどについて解説します。

Salesforce Marketing Cloudとは

Salesforce Marketing Cloudとは

Salesforce Marketing Cloudは、Salesforceが提供するマーケティングオートメーション(MA)です。マーケティング業務の自動化を実現するMAですが、Marketing Cloudは中でも代表的なソフトの一つとして挙げられます。
 
Marketing Cloudは、基本的に CRM(顧客関係管理)にて管理されている顧客データベースをもとに多様な機能を提供します。メールやSNSなどの多様なチャネルを使ってマーケティングを展開することを効率化し、マーケティング担当者の業務効率化に貢献するサービスです。
 
マーケティングにおいて重要なのは、顧客への理解を深め最適なアプローチを実現することです。Marketing Cloudでは顧客データに基づいて施策を検討・実施できるサービスであるため、高度なスキルを持たないマーケターでも、一流のマーケティングを実現できます。
 
すでに多くの大企業や中小企業において導入実績がある人気の高い製品のため、信頼と実績のあるMAツールを探している人にとって、有力な選択肢となるでしょう。

Marketing CloudとAccount Engagement(旧Pardot)との違い

Marketing CloudとAccount Engagement(旧Pardot)との違い

Marketing Cloudと似たようなサービスに、Salesforce Account Engagementと呼ばれるサービスがあります。こちらは以前Pardotという名前で提供されていたサービスですが、現在はこちらの名前での提供が進んでいます。
 
Marketing CloudとAccount Engagementは、どちらも似たような業務に適用するサービスですが、厳密に言うと後者は前者のサービスの一環として提供されている製品です。
 
Marketing CloudはSalesforceが提供するマーケティングツール全体を統括するプラットフォームであり、そこで提供されている機能の一つがAccount Engagementです。
 
Account Engagementは、主にBtoB領域で活躍するMAツールです。法人向け営業やマーケティングを、同サービスによって効率化することができます。
 
このように、Marketing CloudはAccount Engagementを含めたさまざまなサービスを扱うことのできる、汎用性の高いサービスです。必要に応じてツールを使い分け、自社の課題解決に最適な運用方法を検討すると良いでしょう。

Marketing Cloud導入のメリット

Marketing Cloud導入のメリット

Marketing Cloudの導入は、企業に以下のようなメリットをもたらします。同サービスならではの強みをここで整理しておきましょう。
あらゆるデバイスやチャネルに対してアプローチができる
Marketing Cloudは、自社に関心のあるユーザーに対してあらゆるチャネルを通じ、アプローチができるサービスです。
 
メールや電話番号を使ったSMSはもちろん、LINEなどのSNSやWebアプリなど、デジタルチャネルを網羅的に運用することができます。スマホやPCを問わない運用ができるため、アプローチ対象が偏る心配はありません。
 
本来、このように幅広いチャネルの運用を検討している場合、マーケティング担当者はそれぞれを別個に扱う必要があり、その負荷は数が増えるほど大きくなるものです。一方でMarketing Cloudがあれば、これらの運用を一括して実行できるため、運用チャネルが増えても極端に業務負荷が大きくなってしまう心配はありません。
 
マーケティングを強化したいがリソースが足りていないという場合、Marketing Cloudがあれば安心して業務範囲を拡大できます。
高度なデータ活用基盤を構築できる
DXを推進する上で欠かせないのがデータ活用ですが、Marketing Cloudの導入はそんなデータ活用基盤の構築において強力な効果を発揮します。
 
Marketing CloudにはCRMと連携してデータを運用できる機能をはじめ、SQLを使ってデータソースが複数ある場合でもそれぞれを一括統合・管理し、お互いに関連付けて運用することができる機能を備えています。
 
社内でデータが散乱しており、それらを統合して運用するのが困難な状況にある場合、Marketing Cloudの導入をきっかけに一気にデータの整理を進めることができるでしょう。
マーケティングの自動化と品質向上が進むMarketing Cloudは、既存マーケティング業務の自動化と品質向上を両立する上で強力なソリューションとなります。
 
一度運用基盤を構築することができれば、データ抽出は自動で行われ、顧客データの分析やスコアリングなども実行されます。
 
データサイエンスの知見がない場合でも、自動でデータを最大限活用してマーケティングに応用できるため、質の高いマーケティングを実現したい場合に役立つプラットフォームです。

Marketing Cloudの主な機能

Marketing Cloudの主な機能

Marketing Cloudは複数の機能を管理するプラットフォームで、多様なシチュエーションで運用することができます。機能は

  • Studio
  • Builder

の2つのモジュールに集約されており、これらを使い分けることで高い導入効果を発揮します。

ここでは主なMarketing Cloudで利用可能な各種ツールについて解説します。

Studio

Studioは、各マーケティングチャネルで施策を実行するための機能が揃ったモジュールです。代表的な機能に、

  • Email Studio
  • Advertising Studio
  • Automation Studio

といったものが挙げられます。
 
Email Studioは、主にメールを使ったマーケティング施策を実行するためのツールです。ビジュアル面の機能が充実しており感覚的な操作が可能なメール作成機能や、一斉送信機能、開封率などのデータトラッキング機能などが含まれます。
 
Advertising Studioは、デジタル広告をまとめて運用するための機能です。Google広告やFacebook広告、Instagram広告など、多様なWebサービスを扱えます。
 
Automation Studioは、外部システムとMarketing Cloudを連携したり、SQLを使ってデータの統合を行ったりするための機能です。データ運用を自動化・効率化したい場合はこの機能を活用します。

Builder

Builderは主に社内データやアセットの管理、キャンペーン施策の運用管理のための機能が揃っているモジュールです。
 
代表的なツールとしては

  • Analytics Builder
  • Journey Builder
  • Contents Builder

が挙げられます。Analytics Builderは各チャネルのキャンペーン施策の結果をレポートでまとめてくれる機能で、マーケティングのPDCAの起点となります。
 
Journey Builderはカスタマージャーニーの設定に役立つ機能で、シナリオを最適化し、キャンペーンの自動化を実現できます。
 
Contents Builderは、画像コンテンツの管理や、メールやSMSメッセージ、LPのテンプレートを管理するための機能です。何度も同じような内容のコンテンツを用意する手間がなくなるため、便利なツールと言えます。

Marketing Cloud導入の効果を最大限引き出すポイント

Marketing Cloud導入の効果を最大限引き出すポイント

Marketing Cloudを上手に活用するためには、まず自社の課題を正しく理解し、最適なツールをプラットフォームからピックアップして運用することが重要です。
 
Marketing Cloudはとにかく多くの機能が備わっているサービスであるため、その全てが自社に必要であるとは限りません。まずは一つずつツールへの理解を深め、自社の課題解決につながる運用方法を固めましょう。

まとめ

この記事では、Marketing Cloudの概要や運用メリットについてまとめました。Salesforceが手掛けるこのプラットフォームは多くの企業で導入されており、高い導入効果が見込めます。

同サービスへの理解を深め、導入計画や運用体制の整備を進めましょう。

Salesforceの導入、運用から定着までにお困りの方へ

Fabeee株式会社ではSalesforceの導入支援をしております。こちらの資料ではSalesforceを導入を検討している方や既に導入をしているが構築フェーズでの課題や運用をしているが定着しない方へSalesforceの導入、運用から定着までプランをわかりやすく掲載しております。
資料をダウンロードする

この記事の監修者:阿部雅文

この記事の監修者:阿部雅文

Fabeee株式会社バンソウDX事業部 部長
戦略コンサルティングファームにてスタートアップ企業からエンタープライズ企業のデジタルマーケティングや事業開発におけるコンサルティング業務に従事する。

>>プロフィール情報

阿部とのディスカッションを申し込む