賃貸不動産のDX課題とは?DX化するためのポイントを踏まえて分かりやすく解説

2023.11.29

2023.11.29

DXのあるべき姿を考える

賃貸不動産のDX課題とは?DX化するためのポイントを踏まえて分かりやすく解説

業務プロセスの課題

不動産業界におけるDXとは、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズに応えるために、製品やサービス、ビジネスモデルを変革することです。また、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革することでもあります。不動産業界では、以下のような業務プロセスの課題がDX化の障壁となっています。

紙ベースによるデータ管理

物件情報や契約書類などのデータ管理が紙ベースでおこなわれており、情報の共有や検索が困難である場合も珍しくありません。紙の書類は、保管場所や整理方法によっては、すぐに見つけられないことがあります。また、紛失や破損のリスクも高まります。複数の担当者や部署で共有するのが困難で、郵送やFAXなどの手間がかかる方法を使わなければいけません。修正や更新をするためには、書き直したり、新しい書類を作成したりすることが必要です。

紙データによる管理をExcelなどのソフトウェアに移行することで、従来のアナログな方法よりも効率的に作業することができます。デジタルデータは、クラウドやサーバーなどのオンラインストレージに保存できるため、いつでもどこでもアクセスできます。複数の担当者や部署でリアルタイムに共有することもでき、また、バックアップやセキュリティ対策も容易です。

対面接客に伴う物件案内のコスト

対面接客は、賃貸不動産業界の伝統的な営業スタイルです。顧客との信頼関係を築くためには、直接会って話すことが重要だと考えられてきました。しかし、対面接客には、従業員の時間や交通費などのコストがかかります。とくに遠方の物件や顧客に対応する場合は、その負担が大きくなります。また、顧客の都合や予約状況に合わせることが必要です。そのため、効率的にスケジュールを組むことが難しくなります。

対面接客をDX化することで、コストや時間を削減することができます。オンライン上で物件の内見や重要事項説明をおこなうことができ、顧客は自宅や職場などから物件をチェックすることが可能です。DX化によって従業員の業務効率や品質が向上します。従業員は対面接客にかかるコストや時間を削減できるので、他の業務に集中できます。

テクノロジー導入の課題

賃貸不動産業界は、長年にわたってDX化が遅れてきた分野の一つです。入居者の募集や審査、契約書類の作成など、多くの業務が紙ベースや人手に依存しています。しかし、需要の変化や競争の激化、人口減少など、賃貸不動産業界にとって大きな課題が山積しています。これらの課題に対応するためには、テクノロジーの導入が不可欠です。賃貸不動産業界におけるテクノロジー導入の課題については、以下のようなものがあります。

DXに必要な人材が不足している

DXを成功させるためには、デジタル技術に精通し、イノベーションや変革を推進できる人材が必要です。しかし、不動産業界では、DXに必要な人材が不足しており、採用や育成が課題となっています。不動産業界は、従来の方法で安定的な業務を維持することに成功していることから、DX化に対するモチベーションが低いと言えます。そのため、DXに関連する知識とノウハウが不足しており、適切なツールやシステムの選定および運用が難しい状況となっているのです。

人材不足の課題を克服するためには、DXに関する方針や重要性を社内全体で理解することが必要です。DXのビジョンや目標を明確にし、社内での共通認識を醸成することが重要となります。デジタル系の人材の職種定義やスキルを測る指標を設定し、採用や育成に活用することも大切です。また、外部の専門家やコンサルタントとの協力も必要となります。

テクノロジー導入の効果や成果が見えにくい

DX化には、多額のコストや時間がかかります。しかし、DXの導入による効果や成果を測定するための指標や方法が不明確であり、ROI(投資利益率)を算出することが困難です。この点が多くの不動産会社にとって導入の障壁となることがあります。DXは長期的な戦略であり、成果が直ちに現れるわけではありません。そのため、ROIを算出する際には、時間的な視点と長期的な目標を考慮に入れる必要があります。

この課題に対処するためには、DXの導入に伴うコストや時間を削減し、DXの導入による効果や成果を可視化することです。DXの導入に必要な予算や期間を明確にし、DXの導入によってどのような効果や成果が得られるかを定量的に測定できる指標や方法を設定することが必要となります。また、DXの導入による効果や成果を社内や社外に積極的に発信することで、DXの価値を高めることができます。

法的および規制上の課題

賃貸不動産のDX化は、物件の検索、契約、および管理などのプロセスを効率化し、顧客満足度と収益性を向上させる可能性があります。しかし、不動産のDX化には法律や規制の課題が存在します。これらの課題を正確に理解し、適切な対策を講じることが必要です。法的および規制上の課題には、以下のようなものがあります。

電子契約への対応

不動産業界は、契約書類や重要事項説明などのアナログ作業が多く、電子化に対応していない部分が多いです。2022年5月から、デジタル改革関連法により、不動産取引の電子契約が本格化しました。これにより、不動産業者は、電子契約システムの導入や運用、電子署名の管理などの課題に対応しなければいけません。

電子契約には、契約手続きの効率向上、経費の削減、環境への負荷低減などの利点があります。しかし、電子契約の導入に際しては、契約相手への適切な配慮、コンプライアンスの強化、および電子契約にまつわるコストなどの注意点もあります。電子契約システムの導入には、契約プロセスの再評価、業務規則の設定、契約書の雛形の文言の見直しなどの準備が不可欠です。

DX化における賃貸住宅管理業法の影響

不動産業界は、賃貸住宅管理業法に基づき、賃貸住宅管理業者の登録制度や業務管理者の選任、オーナーに対する重要事項説明などの義務があります。しかし、DX化により、オンラインでの顧客対応や物件情報の提供が増えると、これらの義務の遵守や確認が難しくなる可能性があります。不動産市場における信頼性と透明性を確保するためには、賃貸住宅管理業法を守ることが不可欠です。

オンラインでの契約締結や重要事項説明は、顧客とのコミュニケーションがリモートでおこなわれるため、確実に情報が伝達されるかどうかが課題となります。また、法令の変更や新たなルールの適用に対応するために、デジタルプロセスをアップデートする必要があります。不動産業界はDXの恩恵を受けつつ、法的義務を遵守するために新たな方法を模索しなくてはいけません。

DX化するためのポイント

デジタルテクノロジーを活用することで、不動産管理や賃貸契約プロセスが、よりスムーズかつ効果的に運用できるようになります。賃貸不動産をDX化するためには、以下のようなポイントに注目する必要があります。

オンライン契約や入居者管理システムの導入

賃貸物件の契約や管理にデジタル技術を活用することで、業務効率化や入居者満足度向上を図ることができます。メリットとしては、契約更新や解約の手続きをアプリ上で完結できるため、書類作成や郵送の手間やコストを削減できることが挙げられます。契約継続率や解約予測もアプリで把握することが可能です。また、入居者の満足度やアンケート結果をアプリで収集できるため、サービスの改善やマーケティングに活用できます。

ソーシャルメディアやウェブサイトの活用による集客力強化

ソーシャルメディアやウェブサイトを活用し、インターネット上で自社の賃貸物件やサービス、ブランドなどを効果的にアピールすることで、潜在的な顧客を獲得することに繋げられます。また、インターネット広告などを利用すれば、ユーザーの検索履歴や閲覧履歴などに基づいて、ターゲットに合わせた広告を表示することが可能です。これにより、無駄な広告費を削減し、効率的に集客することができます。自社のホームページへのアクセス数や問い合わせ数の増加が期待でき、集客に大きな効果をもたらすことがあります。積極的にブログやSNSでの情報発信をすることが必要です。
 
Fabeee株式会社ではデジタルトランスフォーメーション(DX)の支援をしております。お客様と伴奏してサポートいたします。製造業、不動産、自治体など幅広い業界において、DXの実績を持ち、お客様のビジョンを実現するお手伝いをしてきました。事業戦略の策定から新規事業アイデアの創出、開発、実装、そして運用まで、DXプロジェクトのあらゆるフェーズをサポートします。お客様と共に新しいビジネス機会を探求し、戦略的なアドバイスを提供します。貴社の成長戦略を加速し、競争力を高め、持続可能な成功を支えます。
分かりづらいDXを分かりやすくかつ何をしたらいいのかを解説した資料を公開しておりますので是非一読してみてください。

この記事の監修者:阿部雅文

この記事の監修者:阿部雅文

Fabeee株式会社バンソウDX事業部 部長
戦略コンサルティングファームにてスタートアップ企業からエンタープライズ企業のデジタルマーケティングや事業開発におけるコンサルティング業務に従事する。

>>プロフィール情報

阿部とのディスカッションを申し込む