DX推進の力となるDXコンサルティング!その役割や会社の選び方などを知ろう

2022.01.25

2022.02.02

DXのあるべき姿を考える

今、日本で国を挙げてDXへの取り組みが行われています。しかしその一方で、「何から手をつければいいかわからない…」、「DXって結局なに?」など、DXに関する悩みを抱える企業も少なくありません。

そこで今回は、企業がDXへの取り組みを行う上で心強い味方となってくれる「DXコンサルティング」にスポットを当てて、その役割や会社選びの方法をご紹介します。DXがなかなか進められないと悩んでいる企業の人は、参考にしてください。
 
■DXとは?を知りたい方はこちら

DXのコンサルティングとは

DXのコンサルティングとは

今、業種を問わずに各企業が取り組み始めているDX。DXの言葉の意味は、最先端のデジタル技術を活用しながら新しい顧客体験やサービスの創出、業務プロセスの改革や組織構造などの変革を行うこと。企業がこの先も生き残っていくために今や欠かせないプロセスの一つであると考えられています。

しかし、デジタルに精通した人材の不足やDXに対する考え方がなかなか統一できないなど、DXに対して大変だという印象を持っている企業も少なくありません。DXを実施することで効率化につながったり新たなサービスの創出につながったりとメリットはもちろんありますが、それと同時にエネルギーが必要になることも事実です。

そこで今活用されているのが、DXコンサルティング。DXを行う上で欠かせないのが、デジタルに関する知見を持った人材の存在です。しかし今、いわゆる“DX人材”と呼ばれる人材の慢性的な不足によって、企業内でDXに必要なデジタルの知識を持った人がいないというケースが珍しくありません。

DXコンサルティングは、そんな企業のサポーター的な存在。「デジタル×企業改革」のエキスパートとして、企業の変革を手助けしてくれます。

DXコンサルティングの役割

DXコンサルティングの役割

デジタルの知見をフルに生かしながら、企業の変革の手伝いをするDXコンサルティング。DXコンサルティングが担う業務は多岐に渡りますが、それぞれの業務の役割は「企業のデジタル化を支援しながら、DXの推進を加速させる」ことです。

DXに取り組む上で、まず行わなければいけないのが企業の課題の明確化。DXコンサルティングは、企業のDX推進を加速させるために、この企業の課題の明確化からDXの定着まで一緒に取り組んでいきます。

具体的には、クライアントとなる企業のDXに関する現状の分析を行い、本来あるべき姿とのギャップからDXの課題を定義。その後、専門知識をもとにDXの課題解決のための解決策を策定し、実行へと移していきます。

また、企業にDXの考え方を定着させ標準化させるために、デジタル人材の育成にも着手。ただDXを実行するだけでなく、その企業にとって必要なフォローを行いながら企業自身にDXを実施する力をつけることも、DXコンサルティングの役割です。

DXコンサルティングを利用するメリット

DXコンサルティングを利用するメリット

DXに取り組む企業が増えたこともあり、DXのコンサルに対する依頼件数もまた増えてきています。では、DXコンサルティングを利用するメリットとは一体何なのでしょうか。

どういったメリットからDXコンサルティングが利用されているのか、確認していきましょう。

社内に適切な人材がおらずともDXを推進できる

企業がDXに取り組む上で、大きな問題となっているのが、DXを推進できるだけのスキルや経験のある人材がいないということです。DXに取り組むためには、デジタル人材の確保が欠かせません。もし、社内にデジタル人材がいなければ、DXに取り組む前にまずデジタル人材の育成を行うところから始めなければいけないのです。人材の育成から始めるとなると、DXに着手できるまでにまず長い時間を要するため、いつまでたっても肝心のDXが進まないという状況に陥ってしまいます。

DXコンサルティングにはDXを推進できるだけのデジタルの知識を持った人材が在籍しているため、コンサルを依頼することでデジタル人材の育成にかかる時間の短縮が可能に。社内でデジタル人材を確保する必要がなくなるため、すぐにDXに着手できます。

第三の立場からのDX推進が可能

社内の人間だけでDXを推進しようとする場合、当然のことながら同じ企業に勤める人間だけで課題の抽出や提案などを行っていくこととなります。しかしこの状況になると、皆同じような視点からでしか企業の課題に目を向けることができず、新たな課題の発見・克服につながりにくくなるケースも珍しくありません。

一方DXコンサルティングを利用した場合は、外部の人間ならではな第三の立場から物事を見られるようになります。客観的に見た自社の弱みや強み、業界内における立ち位置など、社内の人間だけでは気づかないような視点に目を向けることができるのです。

また、DXコンサルティングの人間は完全に外部の人間であるため、社内の派閥や政治的なしがらみに巻き込まれていない素直な意見を出すことが可能。社外の人間を交えてDXを推進できるというのは、意外と大きなメリットであると言えます。

情報の整理・可視化がスムーズに行える

DXに取り組む際、意識しておくべきは情報の整理と可視化をスムーズに行うこと。DX推進云々以前に、社内や業界の常識などはすでに従業員間で共有されていることかと思います。しかしそれらの情報は、ただ情報として存在しているだけでは宝の持ち腐れになってしまいます。

大切なのは、社内にある情報をきちんと整理して可視化するということ。情報の整理・可視化を行うだけで、企業の問題点への気づきやすさが格段にアップ。DXコンサルティングにいる人材は、論理的な思考のもとでフレームワークを使いこなすことができるため、情報の整理・可視化はお手のものです。

情報がきちんと見えやすい状態となって整理されていくため、克服すべき課題をより正確に認識できるようになります。

DXコンサルティング会社の選び方

DXコンサルティング会社の選び方

日本には今、数多くのDXコンサルティング会社が存在しています。どの会社もDXのコンサルを行うことができますが、それぞれ得意な領域というものが異なります。一口にDXコンサルティング会社と言っても、戦略系のコンサルティング領域を得意とする企業もあれば、システム開発の領域に強い企業もあり、その特色はさまざま。

戦略系のコンサルティングを得意とする会社は戦略設計がから依頼したいという企業におすすめ、システム開発領域を得意とする会社は設計まではできるが開発ができないという企業におすすめなど、それぞれの相性の良さが異なります。

まずは、気になるDXコンサルティング会社の導入実績などに目を通し、自社に近い事例がないかどうかを探してみるのがおすすめ。自社のケースと近い事例を持つ会社に、コンタクトを取ってみましょう。

まとめ

DXの必要性をわかっていながらも、デジタルに精通した人材の不足や情報の整理ができないなどの理由から、なかなか最初の一歩を踏み出せないでいる企業もまだまだ多いことでしょう。そんな企業の強い味方となってくれるのが、今回ご紹介したDXコンサルティング会社です。
 
その道のプロが並走しながら適切にDXの道を切り開いてくれるので、何から手をつければいいのかわからないという企業はぜひDXコンサルティング会社を利用してみてください。
 
弊社(Fabeee株式会社)でもDXコンサルティングを行なっております。
DXの支援やリモート開発サービスなどを手掛けるFabeee株式会社は、技術力はもちろん対話力にも力を入れているITコンサルティングファーム。専門用語が飛び交いがちなITの世界の中で、誰でもわかる言葉だけを使って日本国内でのITの普及に努めています。ローコスト・ハイスピード・ハイフィットの三拍子がそろっており、満足度の高いDXコンサルを受けることができます。

この記事の監修者:武田恭治

この記事の監修者:武田恭治

デジタルソリューション事業部 部長。
最新テクノロジーを活用した新規事業開発をすべくFabeeeに参画。
同社デジタルソリューション事業部 責任者として企業及び地方自治体のDX推進に従事。 プロフィール情報